青汁は医薬品ではなく、天然素材を原料にした健康食品です。そのため、毎日できるだけ長く続けることがとても重要です。

 

青汁が苦手という人にも、青汁をスムーズに摂取することができる、毎日の食事メニューを紹介します。

 

料理を作る女性

 

青汁を使った簡単料理で毎日摂取

 

青汁はとても人気の健康食品で、その種類も増加しています。青汁といえば不味い、飲みにくい、苦いなどのイメージが定着していましたが、最近ではクセがなく飲みやすい青汁も登場しています。

 

ですが、やはりあまり得意ではないという人のため、毎日の食卓に青汁を使った料理メニューを取り入れるといいですね。

 

CMでもお馴染み、青汁の専門会社として有名な「アサヒ緑健」の公式HPに、簡単に取り入れられそうなレシピが多数掲載されていたので紹介します。

 

野菜をたっぷりと摂取できるヘルシー和風チヂミ

 

  1. 玉ねぎとニンジン、春菊ををざく切りにする
  2. 小麦粉90g、カタクリ粉30g、水100ml、卵1個、ごま油大さじ1、塩ひとつまみに青汁1袋を混ぜる(粉は市販のチヂミ粉でもOK)
  3. 2に切った野菜を混ぜる
  4. くくらいカリッと焼く
  5. ラー油やポン酢など好きなたれをセットしてできあがり

 

お酢でさっぱりといただけるサラダライス

 

  1. きゅうり1/2本とトマト1/2個、大葉2〜3枚を食べやすい大きさに切る
  2. ツナ缶とコーン缶の水気を切っておく
  3. 冷ましたごはんに、青汁1袋と寿司酢を入れ、ざっくりと混ぜる
  4. 1.2.3を混ぜ合わせる
  5. 器に盛り付ければできあがり

 

DHAもたっぷり摂れる魚ハンバーグ

 

  1. お刺身用の青魚を一口大に切ってから包丁でたたき細かくする
  2. 長ねぎ1/2本と大葉8枚が細かく切っておく
  3. ショウガすりおろし小さじ1/2・卵1個・片栗粉大さじ2・塩コショウ少々を混ぜ合わせておく
  4. 1.2.3と青汁1袋を良く混ぜ合わせ、ハンバーグのタネを作る
  5. タネを丸め両面に焼き色がつくまで焼いたら、酒をふりかけ蓋をして2〜3分蒸し焼きにする
  6. 大根おろし大さじ5・たたき梅2個分・醤油小さじ1と1/2で作ったたれをかけてできあがり

 

その他にも、納豆やヨーグルト、タルタルソースなどに混ぜるだけで青汁の栄養素が摂れる混ぜるだけレシピをあります。チェックしてみましょう。