青汁はさまざまな健康効果と、豊富な栄養素を含む健康食品です。野菜不足解消にも大きな役割を果たしていますが、飲みにくいという声もあります。甘酒とのミックスは、飲みやすさと栄養価のアップが狙える方法です。

 

甘酒

 

甘酒の栄養価とは

 

甘酒は日本人にとても馴染みのある飲み物であり、とても栄養価が高いことでも有名です。「飲む点滴」とも言われているほどのその栄養成分にはどのようなものがあるのでしょうか。

 

アミノ酸・ビタミンB群・オリゴ糖・食物繊維・ブドウ糖・麹酸など

 

このような成分が豊富に含まれている甘酒は、子供からお年寄りまで、老若男女幅広い世代に親しまれています。

 

青汁ミックスのメリット

 

  • ほのかな甘さのある甘酒とのミックスによって飲みやすくなる
  • オリゴ糖や食物繊維の働きにより、腸内環境を整える
  • ビタミンB群の働きで代謝機能アップ
  • 体作りに欠かせないアミノ酸によって健康維持
  • 麹酸による生活習慣病予防や女性ホルモンバランスを整える効果が期待できる

 

青汁にも期待できる効果がさらにパワーアップできます。

 

効果アップのコツ

 

青汁はもちろん、甘酒にも熱に弱い成分が含まれています。甘酒を温めるのはOKですが、沸騰するまで高温にするのは避けた方がいいでしょう。50〜60度程度にしておくのがおすすめです。

 

また、甘酒には、酒粕から作られたもの、米麹から作られたものがあります。子供やアルコールが飲めない妊婦さんなどは、米麹甘酒を選ぶことをおすすめします。

 

まとめ

 

甘酒には豊富な栄養素がたっぷりと含まれています。青汁とミックスさせることによって、その健康効果がさらにアップする期待が持てます。

 

また、甘酒の甘味は、青汁の苦みなどを緩和してくれる効果もあるため、青汁を割る飲料としておすすめです。